【マインドフルネスで健康に】お酒を上手に飲む方法

陰陽五行で心と体のバランスを整え、エネルギーを高める

マインドフルネス瞑想を続けていると肉体への意識は少しずつ増してゆくはずです。
リーダーとしては 健康が第一なので このメンテナンスには気を付けたいものですよね。何となく身体のエネルギーの流れがいつもと違うなぁ~と感じる時は、『陰陽五行』をちょっとだけ意識してみて下さい。不思議とエネルギーの流れが変わってきます。

『陰陽』は正反対の性質を持っていますが、反発しあうのではなく、一方の勢いが強くなりすぎないようにバランスを取り合うという働きがあります。食材にも陰陽があります。

『五行』は天地・宇宙・自然の気を考えるのに、自然界に存在する代表的な素材である木・火・土・金・水を選び、それらを働かせるエネルギー(気)が、すべてのバランスを整えていきます。

日本には四季があるので、一年に4回身体が変わると考えています。そこで『陰陽五行』を取り入れて、日本の気候・風土に合わせた身体をつくっていくことが、生命力を強くし、五感を研ぎ澄まし、心と体のバランスを整えていきます。

今回は、健康的なお酒の飲み方 がテーマです。

 陰陽五行でお酒と上手に付き合いましょう

 

汗をかいた後や仕事の後のビールが美味しい季節になってきました!
仕事の付き合いでお酒を飲む機会が多い方やお酒が好きな方へ、今回は陰陽五行でお酒の上手な付き合い方についてお話しします。

お酒は糖分なので陰性になります。体を冷やし、体がゆるんでしまいますが、飲んではいけないという事ではなく、飲み過ぎには気をつけて下さい。お酒はお清めにも使われるように、良いお酒を上手に飲むことで邪気を払ってくれます。運動・仕事をしている時は陽性のエネルギーが強いので、運動・仕事の後は陰性のお酒が欲しくなるようです。

お酒を飲みすぎた後や翌日に頭痛や下痢などの症状が現れたことありませんか?
五行でみると、お酒は水(腎・膀胱)にあたります。相剋の関係から見ると水(腎・膀胱)は火(心・小腸)を剋します。《お酒を飲み過ぎると、心・小腸も害すという事になります》

 

お酒を飲むとトイレが近くなるのは、腎臓が活発に働いている証拠です。でも、ここでお酒を飲み過ぎてしまうと、活発を通り越して腎臓の機能を害しむくみの原因や、火(心・小腸)に影響が出てしまいます。

脈が速くなり寒気が起こり、血流の影響で頭が痛くなるなどの症状や、腸内細菌のバランスを崩すので下痢の症状が出てくる場合もあります。

このようなつらい症状がおこらないようにする為にも、お酒を飲むときに食事にもちょっと意識を向けてもらえるだけで、いつもとは違う体の感覚を実感出来る事と思います。

五行の五味をみると水(鹹)と火(苦)の間に木(酸)があります。

お酒を飲むときに酸を使用した料理、酢の物・ピクルスなどを食すことでアルコールを中和します。

陰陽でみると、陰性のお酒を飲んだ後、ラーメン・うどん・そばが食べたくなる事ありませんか?

実は麺より塩気の汁がのみたくなっているのです。汁は陽性が強いので、自然にからだが欲しがっている為、汁が飲みたくなるのです。

麺類は夜食べるにはカロリーが高いので、味噌汁を食べると良いです。

また、飲みすぎた翌朝には味噌汁(H28.8月号参考)や栄養補助食品で乳酸菌を摂取することで腸内細菌のバランスを保つことや、汁物だけにする事で午前中は内臓を休めてあげて下さい。梅干し(H28.6月号参考)もおすすめです。

翌朝時間があれば湯船にじっくりつかり内臓を温め毒素を汗と一緒に出す事で、むくみも解消され体と頭もスッキリ、その日一日の活動にも良い影響を与えてくれる事と思います。

 

※飲食物は過剰摂取に気を付けて下さい。大切な事は全てのバランスを意識する事です。個々の体質はそれぞれ違います。五感で感じながら無理なく自分に合った健康法を見つけて下さい。

 

株式会社 s o l e i l
ボディセラピスト 金子昭子

ABOUTこの記事をかいた人

1998年からボディケアに携わっています。一般的なサロンでの経験、自宅開業、ヒーリングスクールのインストラクターとして多くの卒業生を送り出す中、縁あって今の師匠の下で指導を受ける事になりました。
東洋医学の陰陽五行説の考えを基に、食の大切さ、季節の過ごし方、心頭体のバランスなど・・・全体のバランスをみて施術をする事の大切さを教えていただきました。こちらでは、そんな陰陽五行の観点から 日常的に意識できることをお伝えしていきます。