【マインドフルネスで健康に】身体に こもった熱に対処する

陰陽五行で心と体のバランスを整え、エネルギーを高める

マインドフルネス瞑想を続けていると肉体への意識は少しずつ増してゆくはずです。
リーダーとしては 健康が第一なので このメンテナンスには気を付けたいものですよね。何となく身体のエネルギーの流れがいつもと違うなぁ~と感じる時は、『陰陽五行』をちょっとだけ意識してみて下さい。不思議とエネルギーの流れが変わってきます。

『陰陽』は正反対の性質を持っていますが、反発しあうのではなく、一方の勢いが強くなりすぎないようにバランスを取り合うという働きがあります。食材にも陰陽があります。

『五行』は天地・宇宙・自然の気を考えるのに、自然界に存在する代表的な素材である木・火・土・金・水を選び、それらを働かせるエネルギー(気)が、すべてのバランスを整えていきます。

日本には四季があるので、一年に4回身体が変わると考えています。そこで『陰陽五行』を取り入れて、日本の気候・風土に合わせた身体をつくっていくことが、生命力を強くし、五感を研ぎ澄まし、心と体のバランスを整えていきます。

≪火≫は夏・心臓・小腸・苦味・赤・・・などが関係してきます。

心臓・小腸が疲れやすくなる。苦味を食すと心・小腸に良い。梅雨が明けるといよいよ夏本番です。この暑さと上手に付き合って残暑の時季≪土≫に夏の疲れを残さないように過ごしましょう。

体内に熱がこもりやすい季節です

夏は暑(しょ)の邪気が体に入り込み、気を消耗させます。日本の夏は高温多湿なので、湿(しつ)の邪気も入り込み消化吸収にかかわる脾胃の機能を低下させて、気の不足を招きます。

暑さで体がバテないように、体内の熱を上手に冷まして、外界との調節をはかる事が大切になります。

  • 旬の食材を上手に取り入れましょう。きゅうり・トマト・ナス・・・などは火照った体の熱をさましてくれます。しかし、陰の食材なので食べ過ぎると体が冷えてしいます。食べ過ぎには注意して下さい。

冷たい飲み物・冷たい麺類・生ものなどに偏らないよう注意して下さい。

暑いからといって冷たい飲食物を取り過ぎると胃腸が直接冷やされ内臓に負担がかかる為、かえって夏バテを助長する事になってしまいます。

体の熱を冷ます食材を上手に選び、火を通すなどして消化が悪くならないように調理するのも一つの方法です。

  • 苦味のある食材を取り入れましょう。

暑い夏はどうしても水分量が多くなってしまいますね。

水分を取り過ぎると、心臓肥大になる場合もあり心臓に負担をかけてしまいます。また体が緩むため、苦い物を摂取する事で体を引き締め、疲れやすい心臓・小腸に良いです。

*《苦い食材》ゴーヤ・みょうが・ごぼう・ニガウリ・緑茶・・・などがあります。

  • 良質の塩分を摂取

水分多量、汗多量でミネラル・マグネシウムが不足しやすくなりますので、塩分をとるように心がけて下さい。『海藻類・良質な塩・味噌汁・梅干し・梅しょう番茶・・・など』

*塩を舐めた時、辛いと感じる時は体が塩分を必要としていないので一つの目安にして下さい。

  • 湯船につかる

湯船に20分~30分位つかり、じんわり汗を出して下さい。体内にこもった熱を外に出してくれます。(注:サウナは体の表面の温度を下げるために出る汗です。湯船から出て直ぐに水分をガブ飲みすると内臓が冷えてしまうので30分位たってから飲むようにして下さい。どうしても喉が渇いてしまったら、喉を潤す程度なら大丈夫です)

  • 適度な運動で汗を流す

ハードな運動でなくても、ラジオ体操、ストレッチ、ヨガ、階段の上り下り、ウォーキングなど、じんわり汗を出してみましょう。

  • 首・お腹まわり、膝下の冷房の冷えには気を付けて下さい。冬より夏の方がたちの悪い冷えです。ストール・カーデなどで調整して下さい。

冷えは熱のこもりの原因になり、むくみの原因にもなります。

飲食物は過剰摂取に気を付けて下さい。大切な事は全てのバランスを意識する事です。個々の体質はそれぞれ違います。五感で感じながら無理なく自分に合った健康法を見つけて下さい。

 

株式会社 s o l e i l

ボディセラピスト 金子昭子

 

ABOUTこの記事をかいた人

1998年からボディケアに携わっています。一般的なサロンでの経験、自宅開業、ヒーリングスクールのインストラクターとして多くの卒業生を送り出す中、縁あって今の師匠の下で指導を受ける事になりました。
東洋医学の陰陽五行説の考えを基に、食の大切さ、季節の過ごし方、心頭体のバランスなど・・・全体のバランスをみて施術をする事の大切さを教えていただきました。こちらでは、そんな陰陽五行の観点から 日常的に意識できることをお伝えしていきます。