マインドフルネスとは?

近年、マインドフルネスという言葉を 聞くようになりました。

この言葉は一体何を意味するのか?
こちらの 「はじめてのマインドフルネス」で 熊野先生が とても分かりやすく説明をしてくれています。

マインドフルネスという言葉を聞いたことがありますか?聞き慣れない、なんだかちょっと怪しいもののように思われるかもれませんが、簡単にいうと、「自分を観察する方法」、あるいは「今、この瞬間に、心を向ける方法」です。

私たちはふだん、過去のことを悔やんだり、未来のことを心配したりしがち。気がつくと、実際の起こっていない余計な妄想で頭の中がいっぱいに状態になっています。

こうなってしまうのは、「頭の中で考えた世界」と「現実」を一緒にしてしまっている、「心ここにあらず」の状態だから。

そこから一歩外に出て、「今」だけを感じられるようになれば、気持ちがスッと楽になります。さらに、この状態をいつも作り出すことができるようになれば、余計な考えにとらわれなくなり、心が安定してくるのです

マインドフルネスの代表的な方法は「めい想」。このほかにもいくつかの方法があります。

 

NHKのテキストなので、誰でもわかるように説明してあり 私自身は気に入っているのですが、マネジメントの方には そぐわないでしょうか…。

いずれにしても、こちらのテキストは 日々の実践についても とても易しく説いてくださっているので、初めての方にはおススメです。

 

 

記:小島美佳