マインドフルネスを活用してビジネスゴールを達成する25の方法③

ひきつづき、私 (Peter Bliss) がビジネスや人生を通して学んだもののうち、あなたがより生産的になり、日々の仕事のパフォーマンスをあげ、物事に取り組む姿勢を改善し、より幸せに健康になる助けとなると私が保証することを25からのカウントダウン方式でご紹介していきます。
以前ご紹介した、
25-21はこちら
20-16はこちら、になります。

今回は15から11です。

15.他者の行動のよいところを見ましょうー特にあなたのチームのメンバーやスタッフのよいところを。

ケネス・ブランチャードは『One Minute Manager (1分間マネージャー)』と呼ばれる素晴らしい本を書きました。その中の鍵となるメッセージの1つは、多くの未熟なマネージャーがしている姿勢と全く反対のことでした。
多くの経験の少ないマネージャーは、あなたが何か間違ったことをするのをつかまえようとするのにすべての時間を費やし、それをあなたに伝えるのを待てません。そこで、その代わりに彼の哲学は「彼らが何かよいことをするのをつかまえましょう!」です。もしそれがたとえ100%正しいことではなかったとしても…。
人に親切な褒め言葉を与えることは、多くの人にとって批判的になることよりも難しいことです。それをするためには練習が必要となりますが、その褒め言葉が誠実で定期的なものであれば長い目で見るとその効果はとても大きいものです。『何が間違っているか』よりも『何がよくて、合っているか』に注意を向けるように意識を変えましょう。

14.よき人々に囲まれましょう

もしあなたがネガティブな人々や彼らのネガティブな思考やエネルギーに毎日囲まれていて、それによってあなたの一日がどうなるのか大きく影響されているとしたら…
良い人々を雇い始めることを始めましょう。
スキルを持っている人であることはもちろんですが、側にいて楽しいと感じられる人やあなたが好きな人たちを雇いましょう。そしてポジティブでよい聞き手であり、勇気付けてくれる人を友人に選びましょう。あなたと同じ価値感を持った人たちとのサポートグループや連絡先のネットワークを作りましょう。一人の人に頼りきり、あなたのために全てをしてくれることを期待しないようにしましょう。(特にあなたのパートナーに!)重荷や負担についてそのネットワークと話しましょう。
シドニースワンズ(オーストラリアのフットボールチーム)の「No Dickhead Policy (嫌な奴になるのは禁止ポリシー)」はこの練習をするためのよい例です。

13.思考があなたを創ります

あなたは『あなたが今何を考えているか』によって次の瞬間のあなたを創ります。
今あなたは何を考えているでしょうか?
あなたの内的な思考を最も支配していることはなんでしょうか?
それがあなたの外側の現実を作ります。あなたの思考、そしてその結果のあなたの1日や人生をコントロールできていますか?もしあなたができていないのならば誰がしているのでしょう?
最近の研究では私たちは毎日65,000ほどの思考をしていて、そのうち70-80%がネガティブなものだそうです。あなたの思考もコントロールできていないでしょうか?それらはあちこちをさまよい続けていますか?あなたはミーティングに座って、そこで起きていることに完全に集中できているでしょうか?それともあなたの「モンキーマインド」にのっとられているでしょうか?あなたは完全に効果的であり、長い間集中できていますか?
ストレスに晒された思考や忙しい思考は、忙しいマインドや忙しい人生をもたらします。落ち着いたポジティブな思考は、落ち着いたポジティブな日々や人生をもたらします。ガラクタを入れればガラクタが出てきます。
あなたはあなたの思考です。これに完全に気がついた時、あなたは自分の思考にとてもマインドフルになるでしょう。

12.食べたものや口に入れたものがあなたを作ります

私は体験することによって多くの大変な道を学んできました。そして今も学んでいます。私の父は57歳のときに高コレステロールからくる心臓発作で亡くなりました。私は15年間たばこを吸ってきましたし、30年間アルコールを飲んできました。そして私はこれらのものに対して15年間取り組んできましたので自分が何を話しているかよく知っています。
あなたが日々口に入れるものについて考え、計画してみてください。それらがその日の燃料になると考えてみましょう。もしあなたが正しく食べることを知らないと、あなたはあなたのベストのキャパシティを出すことはできません。私たちは毎日自分が何を食べるべきかをテレビで聞きますが、それでもまだ、たくさんの砂糖と悪質な脂質を消費しています。私たちにとってクズのようなものがたくさん入った加工食品もたくさん食べています。スーパーマーケットやお店はそれらに満ちています。多くの人にとってそれらは毎日のシンプルな選択です。
今日は何を選びますか?

11.回復する時間をとりましょう

スイッチをオフすることを学び、バッテリーを充電しましょう。そして何があなたにとってよく働き、何が働かないかを学びましょう。もしあなたが高いレベルで毎日パフォーマンスをしたかったら、あなたには肉体的にだけでなく精神的にも回復するための適切な休憩時間が必要です。これはエリートのアスリートたちがしていることです。実際、彼らの一人であるアンドリュー・メイはこのことについて『スウィッチを入れよう』という素晴らしい本で書いています。
マッサージやヨガ、気功、スイミング、ガーデンニング、そしてアクティヴィティとしてセックスをよくすることはあなたのスイッチをオフするのに役立ちます。

英文の記事はこちら:25 Hot Tips for Reaching Business and Life Goals: Part Three

続きの10-6はこちら

翻訳:田中留亜

瞑想のパフォーマンスをUPさせる ガジェット登場

  • 集中力を高めるための muse 脳波計
    ヨガ、瞑想に最適

ABOUTこの記事をかいた人

瞑想経験30年以上。 企業にマインドフルネス教育を行うエグゼクティブコーチ。気功と太極拳のインストラクターとしても活動している。 国際企業で20年間のセールスやマーケテイングを経験したのち、シニアマネジメントとして活躍。姉を精神的な病で失った経験から 人間としての在り方、深い苦しみを克服する方法、人々の心のケアや健康について考えるようになる。2000年に Business Is Blissを起業。現在は、リベラルアーツの知恵、科学的アプローチ、自身のビジネス経験を組み合わせ リーダーの意思決定や組織の活動をサポートしている。TEDでの講演も行っている