マインドフル瞑想を成功させるには?

そもそも「瞑想に成功も失敗もありません…」という風に 瞑想のマスターなら言いたくなるのでしょうが、

マインドフルネス瞑想を始めたばかりの方が気にするテーマとして、「上手くできるためにはどうしたらいいの?」というのがありますよね。

私は銀座のスペースで月に一度 松村憲さんと 瞑想の道場を行っていますが、こちらに参加されるリーダーの皆さん、ほとんどが「一人だと上手くできない」とおっしゃいます。
もちろん、道場という場なら 全体が「瞑想をする」という意図をもっていますので適度な雰囲気も醸成されていますから、深く入りやすいのは間違いありません。その状態を 一人でも作るのには、やや難しいものがあります…。

ただ、おひとりで瞑想をされる際に 知っておくと役に立つことがあります。
下記は「奇跡の脳」(新潮文庫)から ジル・ボルト・テイラーさんの 引用です。

たとえば怒りの反応は、自発的に誘発されるプログラム。
ひとたび怒りが誘発されると、脳から放出された化学物質がかだらに満ち、生理的な反応が引き起こされます。最初の誘発から90秒以内に、怒りの科学的な成分は血液中からなくなり、自動的な反応は終わります。
もし、90秒が過ぎてもまだ怒りが続いているとしたら、それはその回路が機能しつづけるようにわたしが選択をしたからです (p.237)

 

仕事モードにスイッチをいれていたとしましょう。
自分で決めていた時間がきたので瞑想をしようする。タイマーをセットして 背筋を伸ばして目を閉じます…。呼吸に意識を向けようとしますが、さきほどのメールの内容が気になってどのように返事をしようか 脳の中で勝手にブレストが始まってしまいました。

それは、テイラーさんの上記の視点からみたら当然のことです。もし、そのサイクルが始まったなら 「うわ、まずい。呼吸に意識がむけられていない。戻さなきゃ…」と考えるのではなく、まずは ブレストをしたがっている脳のプログラムに好きにさせればいい。

そして90秒ほど待って、ゆっくり意識を呼吸に向けられるか試してみる。

慣れ親しんだ思考や感覚に意識が向かう「くせ」は 当たり前のもので、かつとても強力です。このような”プル(引き)”が出てきたら、ある程度好きにさせてからゆっくり戻す。戦ってはいけません。

こんな風にご自身のプログラムをじっくり制御できるようになることが大切だと思います。
ぜひ、試してみてください。

瞑想道場の詳細はこちらからどうぞ:
http://balancedgrowth.peatix.com

ABOUTこの記事をかいた人

2003年よりマインドフルネス瞑想を続けている。
15歳までヨーロッパで育つ。慶応義塾大学を卒業後、アクセンチュアで組織戦略・人材開発のコンサルティングに従事し異例のスピードで昇進。アクセンチュア・ジャパン 史上 最も若い女性マネジャーとして抜擢される。その後、独立系コンサルティング企業でビジネス開発に携わる傍ら、キャリアコンサルタント及びコーチとして活動。不確実な時代の波を乗りこなす事業の在り方やビジネスパーソンとしての生き方について考えるようになる。
2010年、ビジネスの世界を離れて精神世界の手法や瞑想などを研究しながら年間500人以上のクライアントへセラピーを行い、自らも多くの神秘体験をする。現在は、その時の体験や視点を活かしながら 事業活動、企業のコンサルティング、カウンセリングなど幅広く展開。
監訳書として、『コーチング術で部下と良い関係を築く』、共著に『「ハイパフォーマーの問題解決力」を極める』がある。