【マインドフルネスで健康に】風邪などにやられずに冬を過ごす

陰陽五行で心と体のバランスを整え、エネルギーを高める

マインドフルネス瞑想を続けていると肉体への意識は少しずつ増してゆくはずです。
リーダーとしては 健康が第一なので このメンテナンスには気を付けたいものですよね。何となく身体のエネルギーの流れがいつもと違うなぁ~と感じる時は、『陰陽五行』をちょっとだけ意識してみて下さい。不思議とエネルギーの流れが変わってきます。

『陰陽』は正反対の性質を持っていますが、反発しあうのではなく、一方の勢いが強くなりすぎないようにバランスを取り合うという働きがあります。食材にも陰陽があります。

『五行』は天地・宇宙・自然の気を考えるのに、自然界に存在する代表的な素材である木・火・土・金・水を選び、それらを働かせるエネルギー(気)が、すべてのバランスを整えていきます。

日本には四季があるので、一年に4回身体が変わると考えています。そこで『陰陽五行』を取り入れて、日本の気候・風土に合わせた身体をつくっていくことが、生命力を強くし、五感を研ぎ澄まし、心と体のバランスを整えていきます。今回は、真冬がテーマ。

陰陽五行でいくと、冬は「水」にあたります。
≪水≫は冬・腎・膀胱・北・黒・鹹(塩辛い)・寒

冬は腎臓・膀胱が活発にもなり、疲れやすくもなります。
なんだか疲れやすくて、長く立っていられない、すぐ横になりたい。明け方にお腹が痛くなることがある。こうしたときは五行でいう水=腎のエネルギーが少し弱っているのかもしれません。

≪水≫は腎臓・膀胱、生殖器機能、耳、骨、などが関係しています。体調を崩すと不調が出やすい器官や、腎臓・膀胱の関係性を現しています。11月号を参照のこと

      

陽性の調理器具【土鍋】で料理

土鍋って必ず一家に一つはあると思うのですが、土鍋の出番は冬だけになっていませんか?それでは大変もったいないです。

ご飯を炊いたり、煮込み、蒸し物、汁物など、ぜひ日常に土鍋を使って料理してみて下さい。

土鍋は1000℃以上で焼かれて出来た物なので、それで調理すると遠赤外線の効果で米や野菜をじわじわとゆっくり芯まで火を通し、食材そのものが持っている甘みや旨みを上手に引き出してくれます。

同じ食材でも金属の鍋で作った物と比べるとこんなにも違うものかと驚かれると思います。

土鍋は一度温めると冷めにくいという特徴があり、身体を温めてくれます。

土鍋を使ったごはんの炊き方http://www.mylohas.net/2016/09/057410donabe_recipe.html

料理を作るうえで、炒める・混ぜる・和えるなどの動作『まわす』という事にも、実は陰性・陽性があるのです。

右回転が陽のエネルギー、左回転が陰のエネルギーが働いています。右回転は中心にエネルギーが溜まり、味も栄養も身体にいいだけでなく、美味しくなります。反対に左回転は、旨みや栄養が外に逃げてしまいます。

調理器具や調理法にも陰陽があり、それが食べ物にも影響をあたえ、身体の中にエネルギーを満たしてくれます。

【土鍋】は最強☆です。土鍋で冬の鍋以外にもいろんな料理を試しに使ってみて下さい。

 

※飲食物は過剰摂取に気を付けて下さい。大切な事は全てのバランスを意識する事です。個々の体質はそれぞれ違います。五感で感じながら無理なく自分に合った健康法を見つけて下さい。

株式会社 s o l e i l
ボディセラピスト 金子昭子

ABOUTこの記事をかいた人

1998年からボディケアに携わっています。一般的なサロンでの経験、自宅開業、ヒーリングスクールのインストラクターとして多くの卒業生を送り出す中、縁あって今の師匠の下で指導を受ける事になりました。
東洋医学の陰陽五行説の考えを基に、食の大切さ、季節の過ごし方、心頭体のバランスなど・・・全体のバランスをみて施術をする事の大切さを教えていただきました。こちらでは、そんな陰陽五行の観点から 日常的に意識できることをお伝えしていきます。