【対談】マインドフルネスのデメリットを考える(前半)

小島美佳:
今回の対談ではマインドフルネスのデメリットについて扱ってみます。その前半です。

①効果が実感できるまで時間がかかることと 
②習慣化することが難しいという点について話そうと思います。

まずは①の効果が実感できるまでに時間がかかる点について松村さんの思うところを聞かせてもらえますか?

マインドフルネスの効果はなかなか出ない?

松村憲:
はい。
マインドフルネスってまず、様々なところで「やるといいよ」と効果について言われるようになったけど、「一発で、これはいい!」っていう成果が出る話ではないですよね。

小島美佳:確かに。

松村憲:「習慣化しないと脳は変わらない」とよく言われるけど、その通りで。僕は「1分だけでもいいですよ」とか実践する人に言ったりもするんだけれど、本当に1分でもいいから、今ここに意識を向けることを三ヶ月続けられたら、変わってくると思うんですよね。つまり、継続ってことです。

 だけど、「15分座ったら、すごい雑念だらけな自分に気づいて、嫌になっちゃって、やめちゃいました」とか、「自分には効果がないんだ」とすぐに諦めたりとか、「雑念が逆に増えちゃってよくないです」とか言う人もいますよね。その辺をどう乗り越えるのかっていうのが続けていくための最初のテーマかと思います。

小島美佳:そうですね。

 どの瞑想の流派だったか忘れましたが、瞑想を実践する際の例え話で、水の中に飛び込んだ感じのイメージを聞いたことがあって。最初は、たくさんの泡のようなものがワーッと出てきて、その泡が全部なくなるまで待つと静けさがやってくる。けれども、泡が出てきている状態の途中で止めてしまうと、自分の中にある雑念系に意識が向いた状態で終わってしまうので余計に気持ちが悪い、と。この例え話は、結構、的を射ているなと感じますね。

松村憲:まさしくそうですね。最初そこは通らざるを得ないようなところがあるから、どう乗り越えてもらうかってのはあるかな。

小島美佳:そういうのは、誰かに教えて貰いながらやらないといけないのかな…。例えば自己流でひたすらマインドフルネスアプリで瞑想を続けていても、途中でやめちゃっていたらずっとそのまま、ってとこもあるかもしれないですね。

松村憲:そうですね。

 アプリは習慣化という点では素晴らしいメリットもあると思います。ただ、先ほどの例えの「泡がいっぱい出てきた」状態に対して、「それでいいですよ。瞑想がうまく言っている証拠です。続けてみましょう!」みたいに言ってくれる人はいた方がいいですよね。そういう自己承認を最初はたくさん貰わないとやっぱり、「これで良いのだろうか?」と迷うでしょうし、迷い自体が雑念として増幅して続けるのが辛くなっちゃうと思います。。

小島美佳:そうですね。

 楽器を習ったりスポーツをやるのと同じような感覚なんだということが分かっていないと、即効性を期待してがっかりしてしまうことがあるかもしれない。

松村憲:それはすごくあると思います。

小島美佳:なんとなく素晴らしいものなんだよ、良いんだよといった宣伝が今は先行してしまっている時期だと感じます。

松村憲:そうそう、すぐ明日から効果が出る訳ではないから、トレーニングをしましょう、という話になるわけで。ただ続ければ確実に変化を実感できるので、そうなってくると楽しいですよね。

マインドフルネスを「どのレベルで習慣化させる」?

小島美佳:次に②の「習慣化が難しい」というところで私の感覚をお話してみたいと思います。

 例えば、夜寝る前に瞑想してスイッチがうまく切れた状態で睡眠に入るみたいな、そういう習慣化はやりやすい。これ、最初のステップとしては良いと思う。でも、動きながら…日常生活の中で仕事をしている時とか、スポーツをしているときなど動的な動きがある中でうまくマインドフルな状態を作ると言うのは、次のステップとして相当難しいことだと思います。

 マインドフルネスの効果でよく言われる、「客観的に見えるようになります」、みたいなのを実際に普段の生活において応用できている状態をつくるのは大変だよね、ぶっちゃけ…っていう。

松村憲:そうですね。

 本当は、日常のちょっとしたところにもいくらでもマインドフルネスって応用できると思うんですけど、それを伝えるのは なかなか難しい。

 外歩いている時にフッと風の匂いと雨の感じと湿度を感じるとかでも、本当はパッと今ここに戻れている。それがマインドフルな気づきだと認識することが大事ですね。

 習慣化の例として例えば、お皿を洗っている時でも「あ、今お皿洗ってる」と気付いたり、「今日もこうだった、ああだった」と自動的に雑念が湧いていることに意識が向いていることにハッと気づいて「今ここ」に戻る、みたいなことは日々の生活の中でできると思います。

小島美佳:うんうん。

松村憲:そういう意味ではある種のパッという集中力だったり、意識がいつのまにぼんやり手綱がどこかに行っちゃっているのを戻す。ビジネスマンだったら、会議の最中になんか面白くないなぁと思って、そのうち違うことを考え出して…。方々に行っちゃっている自分にハッと気付くみたいな。

小島美佳:そうですね。

松村憲:そういうことかなぁと思うんですけれども、それは難しいことなのかな?

小島美佳:私の中では、瞑想を始めてから常にそういう意識が持てるようになるまで、割と訓練と時間が必要なんじゃないかなって気がしています。元々できやすい人もいるのかもしれないですけど。

松村憲:訓練は要るよね。そこまで行くのに訓練は要る気がします。ある種の集中力がいりますね。

小島美佳:一回入ってしまったスイッチを切るのが難しい。

 例えばビジネスの場面でいうと、相談を受けた時に相手のシチュエーションとか聞いてると、「そんなのこうこうこうすればすぐ出来るじゃん!」とバーッとアドバイスを始めちゃうスイッチがあったとして…。本当は内心、もうちょっとコーチング的なアプローチを取りたい、と思っているんだけれど、今までの経験から自分の脳の中で「反射的にアドバイスを始めてしまう回路」があまりにも強くなっているので、気付けない、みたいな。

 その時には交感神経優位でアドレナリンがバンバン出てて、スイッチを切れなくて…。一通り言ってしまった後から「あ、またやってしまった…」って気づく(笑)。

 入りやすいスイッチに入ってしまった時の、自分に対する客観的な気付き度、みたいなものは、かなり訓練は必要なんだろうな、という気はしますね。特に 戦いの場?のような場所に長くいる人の場合…

松村憲:なるほどね。やっぱり、なにかしらのそういう訓練が必要なんだろうなぁ。ぼくはヨガをやっていたりもするから、気づきやすいってのはあるのかもしれない。

 やっぱり基本は習慣化の話になってしまうけれども、意識を「今ここ」に向けるという感覚を知るとか、止まらない雑念があってもオッケーみたいに思えるようになるといいですね。先ほどのスイッチ切れないお話も、それが悪いのではなくて、こういう傾向 俺あるな、またやっちゃってるな、という客観的な認識が入り始めるとマインドフルネスですよね。瞑想をある程度続けていると自然と起きてくると思うんだけどね。

小島美佳:そうですね。

松村憲:続ける人はマインドフルネスを習慣化できると、ある程度は穏やかになるんですよね。

 先の話でいくと暴走しちゃって終わってから気付く、みたいな前に、脳の中で起きている変化、扁桃体がスイッチを入れて交感神経優位になってバーッと喋っちゃうみたいなのが抑制されてくるというか落ち着いてくる。同じような状態に陥ってもなぜか落ち着いて聞いていられるようになったり、自分の反応パターンを変えてもいいかなって気になってくるというか。

小島美佳:そうそう。

松村憲:前の俺ってこうだったかもな、認めたくないけどなんであんなことしてたんだろう、ってそういう気付きになってきますよね。

小島美佳:そうね、あと感覚としては、アドレナリンスイッチみたいなのが入りそうになる時に「あ、なんか入りそうになっている」ということに前もって気付けるようになるっていうのは、すごくありますね。

松村憲:そうですね。

小島美佳:自分自身でいうと、ビジネスの場面では結構大丈夫になってきたなーって感じはあるんだけれども、スポーツをやっていて体を動かしている時って、自分自身の体が今どういう状態になっているのかとか、一体今自分が何をやっているのか?というところに まだまだマインドフルになれてない感じがしています。

 例えばバスケやテニスをやっていて、今自分がすごくテンションが高くなっていて熱くなってしまっていることには気付けると思うんだけど。(それに気付けるってだけでだいぶ違うとは思うんだけども…)自分の肉体がどういう風に動いているのかってことにマインドフルになるのは、私自身の次の課題であり、難しい。(参考記事:アスリートの世界とマインドフルネス

 個人的な話になるんだけど、趣味でやっている乗馬をしている時、自分の体が傾いていることに気付かないとか、馬の状態に気付いていないとか、今 馬がこれを嫌がっているということに気付けない。マインド以外の 身体感覚のところにも気付けなきゃいけない要素っていうのが運動している時は増えるような気がしていて。そこはより難しいと感じます。

松村憲:それはそうなんじゃないかな。

 でも、いわゆるマインドフルネスかどうかわからないけれど、上手く行っていないことに気付くっていうところは、ちょっとメタな視点じゃないですか。それがあった上でのトレーニングっていうのは、全然違ってくると思うんですよね。

小島美佳:わかるわかる。同時進行的に自分の体のビデオを観ているような感じなのかな。

マインドフルネスの目的をどう据えるか?

松村憲:そういう意味ではスポーツや乗馬とかって、めちゃめちゃ進化系マインドフルネスだと思うんですよね。伝統的なマインドフルネスはパッシブ(受動的)過ぎる面がある。ベースは仏教になっちゃっているので、ゴールが解脱になってしまう。ゴールが解脱だったら乗馬はやらなくていいしアスリートにならなくていいし、ビジネスもしなくていいですよね。

 でも今の現代人が自己を高めたり、アスリートが自分を高めるためにマインドフルネスを活用することを考えると、気づきによって余計な心配をせずに必要なことに意識を集中することに貢献できる。ただパッシブなだけではだめで、その意識を使って能動的にトレーニングしたり、行動していかないとダメですよね。能動的な注意力と全体を見てる注意力、その両方を高めていく必要がある。この話はなんだか面白くなってきました。

小島美佳:そうですね。

松村憲:アスリートがマインドフルな意識を使うとか、サッカーでも以前からマインドフルネスを取り入れているチームがあるんだけど、仏教方面に行っちゃだめだよね、って思います。最終的には矛盾しないんだろうけれど、それこそアスリートには交感神経優位な状況が必要じゃないですか。そのあたり、ビジネスの場でマインドフルネスをすることで本当に業務効率が上がるのか落ちるのかみたいな議論になったときに、一時的に混乱して落ちるっていうのはあっても、パフォーマンスが上がる可能性は大いにあると思います。ただ、注意の使い方を内側に向け過ぎると効率が落ちることはあるだろうなという気はします、デメリットとして。

小島美佳:そうだねー、多分仏教的な観点から自分を高めるためにマインドフルネスに入り過ぎると、「そもそもビジネスをしなくてよくない?」みたいな境地に行ってしまうことはあると思うので、プラクティスをしている本人自身が、マインドフルネスをどんな風に応用していくのかっていうことを模索していかなければならないのではないかなと思います。

小島美佳のマインドフルネス瞑想道場
松村憲の瞑想ワークショップ

瞑想のパフォーマンスをUPさせる ガジェット登場

  • 集中力を高めるための muse 脳波計
    ヨガ、瞑想に最適

ABOUTこの記事をかいた人

瞑想歴16年以上。 15歳までヨーロッパで育つ。慶応義塾大学を卒業後、アクセンチュアで組織戦略・人材開発のコンサルティングに従事し異例のスピードで昇進。アクセンチュア・ジャパン 史上 最も若い女性マネジャーとして抜擢される。その後、独立系コンサルティング企業でビジネス開発に携わる傍ら、キャリアコンサルタント及びコーチとして活動。不確実な時代の波を乗りこなす事業の在り方やビジネスパーソンとしての生き方について考えはじめる。 2003年、瞑想に出会い習慣化するようになる。2010年よりビジネスの世界で活動をつづけながら、年間500名以上のクライアントへ瞑想的なテクニックを活用したカウンセリングを行っている。株式会社バランスオブゲーム代表。 監訳書:『コーチング術で部下と良い関係を築く』 共著:『「ハイパフォーマーの問題解決力」を極める』