マインドフルネス用語解説|認知的フュージョンとは?

認知的フュージョン

Cognitive fusion

 『ACT (アクセプタンス&コミットメント・セラピー) をまなぶ』JB ルオマ, SC ヘイズ, RD ウォルサー著(2009)では、思考・考えていることと現実や自己を混同する行動、と述べられています。

 マインドフルネス瞑想を行うと、いろいろな思い込みやメンタルモデル「私ってこうなんだ」みたいな部分が出てきます。思い込みは自身の性格を作り、感情を作り、瞑想をしていれば揺れたりするなど体の感覚も作り出します。
 マインドフルネスで『今ここ』を続けていくと、自分自身を観察していくので「自分はこう考えているんだ」ということを見始め、思い込みに気づいていきます。このような自分自身の考え・思考と『私』が一体化・同一化している状態が『認知的フュージョン』です。
 マインドフルネスでは、このような認知的フュージョンの状態から抜けること、またそのプロセスが大事になります。今まで自分と切り分けられなかった考えや思考・感情は本当に真実なのか?これは歪んだ考えではないか?(認知の歪み)と気づけたら変えていけます(脱同一化)。
 現代人が瞑想を行う上ではこういった脱フュージョン・脱同一化を目的に、心理学や認知行動療法を取り入れながら、脱同一化を行うことはとても大事な部分だと思います。

 マインドフルネスによって脱同一化が進むと、自分のあり方や考え、感情も変化します。認知の部分へのアプローチは認知行動療法でも行いますが、マインドフルネスによってもさらに加速させることが可能です。



◾️ 関連記事リンク
心理学の視点で考える マインドフルネスの役割

マインドフルネス用語集に戻る→