季節の変わり目 夏土用のおすすめの過ごし方【陰陽五行】

季節の変わり目、平均気温の変化や日中の温度差などで、体調がすぐれないなぁとか、風邪を引きやすい、何となく身体のエネルギーの流れがいつもと違うなぁ~と感じる時は、『陰陽五行』を意識して生活してみて下さい。
陰陽五行、東洋医学、中医学には未病を防ぎ、心身共に健康に過ごすための生活の知恵やヒントがたくさんあります。

陰陽五行で心と体のバランスを整え、エネルギーを高める

『陰陽』は正反対の性質を持っていますが、反発しあうのではなく、一方の勢いが強くなりすぎないようにバランスを取り合うという働きがあります。食材にも陰陽があります。

『五行』は天地・宇宙・自然の気を考える上で、自然界に存在する代表的な素材である木・火・土・金・水の5つの要素を選び、それらを働かせるエネルギー(気)が、すべてのバランスを整えていく、という考え方です。

日本には四季があるので、一年に4回身体が変わると考えられており、そこに『陰陽五行』の考えを取り入れ、日本の気候・風土に合わせた身体をつくっていくことで、生命力を強くし、五感を研ぎ澄まし、心身のバランスを整えていくことができます。

季節の変わり目に訪れる『土用』

陰陽五行説の影響を受けた、中国料理・韓国料理・日本料理には共通する考えがあります。
それは、木・火・土・金・水の五行に対応する青(緑)・赤・黄・白・黒の五色の食材をとることによって、健康が保てるという考えです。

ここで、「四季では季節が4つなのに、五行だと5つの要素があるのはなぜ?」と思われた方!
 木 … 春
 火 … 夏
 金 … 秋
 水 … 冬

残りの『土』はすべての四季に通じ、かつ四季の変わり目の土用を象徴します。

 五行対応(象徴)する季節五臓対応する野菜
青(緑)肝臓ほうれんそう・ブロッコリー・枝豆・きゅうりなど
心臓にんじん・トマト・クコの実など
季節の変わり目(土用)脾臓大豆・かぼちゃ・とうもろこしなど
肺・胃腸カリフラワー・きゃべつ・白菜・だいこんなど
腎臓しいたけ・ごぼう・海藻・黒米・黒豆など


『土用』と聞くと、うなぎを食べる夏の『土用丑の日』が有名ですが、本来『土用』とは四季の移り変わりの四立、すなわち立夏(5/5ごろ)・立秋 (8/7ごろ)・立冬(11/7ごろ)・立春(2/4ごろ)の直前の約18日間ずつをさします。

Source : Mindfulness News



年4回ある土用の期間は、季節の変わり目で土性(育み、培うはたらき)・土の気が盛んになる時期と言われています。
この期間にやらないほうが良いこととして、

  • 土を動かす作業(基礎工事、井戸掘りなど)
  • 木を植えたり、土いじりをする
  • 新しいことを始める
  • 殺生

などがあります。(農家さんや土木関係の方でどうしてもこれらの作業をしなければならない方は『間日(まび)』にやるとよいそうです。)

2021年の夏土用は

7月19日~8月6日で、土用丑の日は7月28日(水)です。
土用丑の日でも有名な鰻をはじめ、夏土用では『う』のつくものを食べると良いと言われています。
例えば、うどん、梅干し、瓜、など。
盛夏に入る前に精のつくもの、栄養価の高いものを食べて備えましょう、
また
瓜科の野菜(きゅうり、すいか、かぼちゃ、冬瓜など)は利尿作用が高く、体内に溜まった熱を出してくれる効果もあるので、食べ過ぎに注意してこれらの食材を意識して食べると良いそうです。


次回のオンライン瞑想会は土用丑の日です。
暑気払いにぜひいらしてください!

『土』は季節の変わり目・脾・胃・甘味・黄・口などが関係します。

膵臓脾臓の位置関係
Source : 近畿大学病院

東洋医学での五臓六腑(五臓:肝・心・脾・肺・腎)の中でに相当する『脾』は、実は解剖学的な脾臓よりむしろ消化吸収を担う臓器や膵臓に近いと言われています。

なぜこのような混同が起こったのか?は正確には不明ですが、図のように膵臓(肌色の部分)脾臓(茶色の部分)は解剖学的な位置も近く二つをまとめて『脾』と一つの臓と考えられた、また膵臓は黄色い臓器であったから土(黄)とされた、など諸説あります。

膵臓(Pancreas)の主な機能はインスリン、グルカゴンなどのホルモンを分泌することで、機能不全になると糖尿病などの疾患の原因にもなります。

脾臓(Spleen)の主な働きは、乳幼児期には血球(赤血球,白血球,血小板)を作ること、また成人後は古くなった赤血球を壊したり、新しい血液を貯えたり、抗体産生やリンパ球産生など免疫系でも重要な機能があります。また成人後も大量出血時に骨髄機能が低下した際に血液産生も行います。

・五味のうち土に相当する甘味は金子先生の記事『甘いものと 上手く付き合う【陰陽五行】』にもあるように、脾・胃を活発にしますが、逆に過剰摂取は悪くしてしまいます。

また血糖値の調節を担うホルモン・インスリンの分泌器官である膵臓が土性を象徴することからも、過剰な糖分の摂取は『脾』を疲れさせてしまうことにつながります。
適量を意識しつつ、上手につきあってみてください。

・口も土性に属し、暴飲暴食などで胃が荒れると口内炎ができたり、口の周りが荒れるなどします。

このように夏土用は、夏バテしないよう本格的な暑さがくる前に備える時期。
消化器系に負担をかけないよう食べ過ぎ、冷たいものの摂り過ぎに気をつけましょう。

また夏土用におすすめの『う』のつく食べ物(鰻・うどん・梅干し・きゅうりなどの瓜)や、『黄』色の食材大豆・とうもろこし・玄米など)をバランスよく食事に取り入れ、腹七ー八分目程度に食べて過ごすのが良さそうです。


そのほかの季節のおすすめの過ごし方については

以下の金子昭子先生の記事をご参考になさってください。

 木(もく) 春
 火(か)  夏
 金(きん) 秋
 水(すい) 冬

<陰陽五行・東洋医学のおすすめ本>

◼️ミドリ薬品漢方堂のまいにち漢方―体と心をいたわる365のコツ

(櫻井 大典 著)

Twitterで大人気!
1948年創業の「ミドリ薬品 漢方堂」三代目、櫻井先生ご執筆のゆるーく続けられる漢方のコツ。
櫻井先生の優しい語り口で毎日一ページ漢方について学べます。症状別の索引がついているのも助かります。読書レビューもあわせてどうぞ。

購入リンク:Amazon楽天Yahoo

◼️「易経」一日一言 (致知一日一言シリーズ)

(竹村 亞希子 著)

東洋の古典の中で最も古く、四書五経の一つである『易経』。東洋哲学の元ともなり、中心思想は陰陽二つの元素の対立と統合により、森羅万象の変化法則を説いています。本書は『易経』や本サイトの『健康』カテゴリーでご紹介している陰陽五行思想を理解する助けになります。

購入リンク : Amazon楽天Yahoo

マインドフルネス おすすめ情報

ABOUTこの記事をかいた人

ライター。 博士号を取得後、日本学術振興会特別研究員・JST研究員・大学教員として教育研究に計10年以上従事(専門は生化学)。9割以上が男性の業界で女性が中間管理職として働く難しさを感じつつ、紆余曲折を経て小島美佳さんからマインドフルネスを学ぶ。 現在は心理学や精神世界のエッセンスを科学の言葉で咀嚼して伝える方法を模索中の、瞑想歴1-2年の初心者です。