TAG マインドフルネス スピリチュアル

スピリチュアル

スピリチュアル系の瞑想 ― その危険性や副作用

スピリチュアリティの危険性と自己責任。スピリチュアルな世界で行われている様々なプラクティスとマインドフルネスの関係とは?スピリチュアルの世界で行われる瞑想的なアプローチには、きちんとしたステップを踏んでいない自己流のものが多いと感じます。その問題点について対談しました。

中・上級者向け

マインドフルネス瞑想のおすすめ本|『禅・チベット・東洋医学』

本書の中では当然マインドフルネスについても、批判的な視点含めて色々語られています。そうそう!と同意することも多い。同時に仏教という枠組みさえ超えて、意識の覚醒や社会へのアプローチが今の時代には必要だと感じています。そういう意味では自分は新しいジェネレーションなのだろうとも感じました。

2, 瞑想に関する研究紹介

心理学からみたマインドフルネス:”欧米化” で瞑想の本質は…?

前回は「a breath of fresh air? 」の記事をご紹介しながら、欧米の心理学者たちの視点からみた 「マインドフルネス」の定義をおさらいするとともに、「評価・判断しない」と「無関心」の違いについて触れました。 今回は引き続き、私たち東洋人にとってはとても興味深いテーマ、マインドフルネス瞑想が本来もっている スピリチュアリティについて、です。