マインドフルネス 【無料講座】

これまでリーダーシップ開発やセミナーなどでマインドフルネスを多数教えて来た経験をもとに、松村憲がビジネスパーソンに特化したマインドフルネス講座を全24回に渡ってお届けしていきます。

基礎編(全6回)

1, 今ここを知る

マインドフルネス瞑想では『今ここに集中』し、今の自分の状態(思考や感情など)を評価判断せずに感じる、ということを意図的に練習していき、ビジネススキルとして活かせる集中力や客観視の能力を鍛えることができます。 

基礎編第1回では「今ここに集中する」効果とやり方をお伝えしていきます。


2, 呼吸を意識する

呼吸というのは『今ここ』でしかできません。過去の呼吸を思い出すことはできませんし、未来の不安はいくらでも雑念として出てきますが、先の未来の呼吸もできないですよね。
なので息・呼吸に気づいている時間だけは、必ず皆さんが『今ここ』に戻ってくることができます。生体内の約20%ものエネルギーを脳が消費しているといわれ、そのエネルギーを未来や過去には漏れ出さず『今ここ』に集めることができる、というイメージです。

3, カラダ・姿勢を意識する

瞑想を行う上でポイントとなる姿勢の作り方のコツ、と
『ここ』に集中するポイントとなる『カラダ』についてお話しします。
カラダと一言で言っても様々な意味があり、ここでは大きく分けて以下の2つについてお話しします。

  1. 生理学的なカラダ(客観的、医学的、生物学的カラダ)
  2. 体験するカラダ(主観的カラダ)


4, カラダ・感覚を意識する

身体感覚を高めていくと、過去や未来へ思考が彷徨うことから『今ここ』に戻りやすくなります。刺激に対する身体反応や感情との関係性を説明しうる『ソマティックマーカー仮説』を元に、身体感覚を高めることで、刺激に対する反応や意思決定にも変化が起こるのはなぜか?について解説しています。
第4回の実践編ではボディスキャン瞑想をガイドしています。

5, 歩く瞑想

マインドフルネスは動き・動作にも応用できます。(具体的には、歩く、動く、姿勢、日常の所作、など)
また動きのマインドフルネスはジッと座っていることが苦手な方にも取り入れやすく、オススメです。今回は実践編として『歩く瞑想・歩行瞑想』のコツをガイドしています。

6, 音の瞑想・書く瞑想

基本のマインドフルネス瞑想のうち、座る以外の瞑想方法ということで、前回は動作に集中して今ここに戻る歩く瞑想についてお話しました。引き続き今回は『音の瞑想、書く瞑想』についてお伝えしていきます。 

リーダーシップ(1)思考編(全6回)

7, 集中力を高める

 リーダーシップ 思考編では、頭で考える思考についてフォーカスし6回に分けてお話します。思考編 第1回は『集中力を高める』ということで前頭葉と集中についてお話しします。
 リーダーの在り方は周囲への影響力も大きくなることから、自己認識や内省が重要になってきます。この自己認識を高める上でマインドフルネスがとても役立ちます。

8, 囚われ思考から自由になる | 気づく、手放す

リーダーシップ 思考編 第2回は『囚われ思考から自由になる | 気づく、手放す』についてお話ししていきます。 考えに囚われた状態に気づき、自由になるコツ、これは心理学では脱同一化、脱フュージョンと言ったりします。ここでは特にマインドフルネスの「評価・判断をしないでありのままの思考を観察する」が重要となってきます。 



9, ロジックとハートの統合|思考と感情の連鎖

リーダーシップ 思考編 第3回はロジックとハートの統合、思考と感情についてお話ししていきます。
自分の思考や感情に意識を向けることは、自己認識力、ひいてはリーダーシップ能力をも高めることにつながります。マインドフルネスによってどのように自分の心について気づいていけるようになるか?といった点と併せてお伝えしていきます。



10, ネガティブ思考への対処法

 リーダーシップ 思考編 第4回はネガティブ思考への対処法についてです。
 そもそも私たちは悪い方に意識が向きやすい、ネガティブなものを見てしまいやすい、ということを深く理解をしておくことが大事です。記事中にネガティブな思考パターンの例を挙げました。それらに気づき対処する上でマインドフルネスが役立ちます。



11, 無理のないポジティブ思考|アファメーション

 前回に引き続いて今回は、無理のないポジティブ思考についてお話します。そもそも私たちは悪い方に意識が向きやすい、ネガティブなものを見てしまいやすい、ということを理解しつつ、ネガティブをマインドフルネスで許容するコツや、過剰なポジティブ思考による弊害などもお伝えしていきます。ここでキーワードになるのが『臨場感』です。 



12, 硬い思考の緩和|島皮質

 今回は硬い思考を緩めるメリットとコツについてお伝えします。
 頭や思考が硬くなってしまうと、範疇を超える想像が膨らみにくくなる、人間関係が円滑に進みづらくなる、などリーダーとして働く上でも影響もあります。また硬い思考とエゴは密接に関わりがあります。ここでは硬い思考やエゴを緩める6つのコツを載せたので是非実践してみて表れる行動パターンや言動の変化を楽しんでみてください。

リーダーシップ(2)感情編(全6回)

13, ストレスと脳|扁桃体

今回からはリーダーシップ感情編、ということで6回に渡って、自分自身の感情に気づきうまく付き合うにはどうしたら良いか?といったお話を脳科学やマインドフルネスなども絡めてお話していきます。今回はリーダーがビジネスにおいてマインドフルネスを実践する上で求める効果として第一に挙げられることの多いストレス対策についてです。


14, 古からのストレス反応に対処する|闘争逃避反応とDMN

文明や科学の発展により環境は大きく変化しましたが、人間の神経基盤は狩猟採集民族の時代からさほど変化がありません。現在は生命の安全が保障されているにも関わらず、生命を守るための防衛本能・戦うか逃げるかのストレス反応を身体は多用し過度なストレス反応は疾病にも繋がります。そこで今回はストレス反応に対処するコツをお伝えします。

リーダーシップ(3)未来編(全6回)