心理的安全性

心理的安全性を超えて:チーム学習とリーダーシップの新たな展開

心理的安全性の高い環境は、チームパフォーマンスを最大化する上で不可欠です。本記事では、リーダーがチームメンバーの発言を促し、チーム学習を活性化するためのリーダーシップのポイントを解説します。具体的なリーダーの行動例から、心理的安全性の醸成方法を学べます。

リーダーシップの源流と今

変革時代を生き抜くレジリエンスの探求- 心理学と社会科学の視点から

心理学と神経科学、社会科学の知見に基づき、変化の激しい時代に必要不可欠な「レジリエンス」の本質に迫ります。個人や組織のウェルビーイングを高めながらチェンジマネジメントを遂行していくための、逆境を乗り越える力・レジリエンスを養うための理論について解説します。

心理的安全性

チーム特性の最適化:心理的安全性を通じてパフォーマンスを最大化する方法

グループの心理的安全性が高まれば、パフォーマンスは最大化されます。本記事では、オープンなコミュニケーション、リスクの許容、多様性の尊重、失敗から学ぶ文化、の4つのチーム特性要素を解説。チームビルディングにおける実践ポイントについても対話しています。

心理的安全性

組織文化の力:心理的安全性を育むための環境作り

エドモンドソン教授のレビューから学ぶ、グループレベルでの心理的安全性構築に必要な要素である、組織文化と背景について探求します。研究データをもとに、ビジネスマン・エグゼクティブコーチとしての経験を交えて、チーム学習の促進と職場でのイノベーションとパフォーマンス向上につなげるためにはどうしたら良いか、議論しています。

対処法

瞑想時の正しい姿勢で心身のバランスを整える – 瞑想のステップアップ論Q & A

適切な背骨の位置を保つことで、体内のエネルギーの流れが最適化され、呼吸も深くなります。内臓の位置も適切に保たれ、消化器官や呼吸器官が上手に機能します。一方で猫背や反り腰は、筋肉や臓器に無駄な負担をかけてしまいます。正しい背骨のラインを意識することで、心身のバランスが整い、瞑想の恩恵を存分に受けられるのです。