TAG マインドフルネス 心理学

瞑想の効果

マインドフルネスが退屈でつまらない?続けた結果どうなるのか 【対談】

今回は「マインドフルネスがどうして退屈でつまらないものになってしまうのか? 」というテーマで対談していきます。このテーマで考えると、1) マインドフルネスの入口で「ただ座る」というのが退屈という人、2) マインドフルネスを続けてみて、「で、その先どうなるの?」と行き詰まりを感じてる方の2つのタイプに大まかに分けられると思います。

鬼滅の刃とマインドフルネス

鬼滅の刃から学ぶ 怒りの感情との向き合い方|鬼滅とマインドフルネス&心理学

日本中で大きな話題になっている『鬼滅の刃』。 呼吸法や瞑想が出てきたり、マインドフルな気づきや体験があったりと、マインドフルネス的視点で紐解いていくとまた違った見方ができて面白いのではないかと思いました。今回は鬼滅の刃の中で多く描かれている『怒り』をテーマに対談しました。

心理学

心理学からみたマインドフルネス:”欧米化” で瞑想の本質は…?

前回は「a breath of fresh air? 」の記事をご紹介しながら、欧米の心理学者たちの視点からみた 「マインドフルネス」の定義をおさらいするとともに、「評価・判断しない」と「無関心」の違いについて触れました。 今回は引き続き、私たち東洋人にとってはとても興味深いテーマ、マインドフルネス瞑想が本来もっている スピリチュアリティについて、です。

心理学

心理学からみたマインドフルネス:「評価判断しない」とは?

西洋の(マインドフルネスを科学的にとらえようとする)視点からすると、例えば心理学の世界では れっきとしたマインドフルネスの定義についてのコンセンサスは得られていないようです(出典:The Psychologist )。

今回はマインドフルネスでよく言われる「評価判断しない」について述べていきます。