TAG マインドフルネス 本 おすすめ

心理学

マインドフルネスのおすすめ本紹介『感情の取扱説明書』

マインドフルネスのコンセプトである 「自分を観察する」「今ここに、心を向ける」を実践するための方法の一つである瞑想では 、自分の中にあるの感覚や感情を捉えることが重要です。アンガーマネジメントや感情コントロールのために自分の感情に気づき、それをどう扱ったらよいのか?について書かれた本書のおすすめポイントを解説しました。

中・上級者向け

『インテグラル理論を体感する』解説 (3) 意識の発達と覚醒の関連

『インテグラル・メディテーション』紹介(3)。人間的な成長(意識の発達)と迷いの世界を超え、真理を体得する(覚醒)の違いや関連性について、意識の発達と覚醒していくことの両方が大切で、どちらか片方だけというアンバランスさの危険性についても対談しています。