マインドフルネス用語解説|メタ認知とは?

 

メタ認知(めたにんち)

Metacognition

自己の認知(考える・感じる・記憶する・判断するなど)のあり方・認知活動を客観的に認知すること。
ブレインドリブン青砥 瑞人氏 著)』では「自分自身を客観視、俯瞰視」した認知の状態、と定義しています。
自分のことを意識的に注意深く見ることで、自分の感じ方、考え方、振る舞い方を知り、その結果他人の意見や価値観ではなく、自分で感じ、考え、行動する自律的な脳が育まれる、とされます。



◾️ 関連記事リンク

神経科学おすすめ本紹介|ブレインドリブン – パフォーマンスが高まる脳の状態とは –

 

マインドフルネス用語集に戻る→