TAG メタ認知 マインドフルネス

3, 瞑想プログラム・方法紹介

心理学の視点で考える マインドフルネスの役割

マインドフルネスは「思考や感情に巻き込まれにくくなる」「思考や感情に巻き込まれて"心ここにあらず"になることから抜け出す」ことに関連しています。心理学的には、思考と現実を混同してしまう認知的フュージョンや、嫌なことを感じないようにする体験の回避を防ぐことに役立ちます。