CATEGORY 2, 瞑想に関する研究紹介

2, 瞑想に関する研究紹介

脳疲労はなぜ起こる?科学的根拠と対処法

頭を使う仕事や長時間勉強をしたあとに頭がボンヤリしたり、逆に興奮状態のままおさまらず、疲れているのに寝付けなかったり、そんな経験はありませんか?このような状態を「精神的疲労・認知疲労」といいます。神経伝達物質としてのグルタミン酸が適切に代謝されない原因とそのような脳疲労を解消するにはどうしたら良いか?をお伝えします。

2, 瞑想に関する研究紹介

スポーツ選手のパフォーマンスが瞑想で向上したという研究結果【スポーツ心理学】

マインドフルネスを行う目的の中で一つ大きく挙げられるのが 「パフォーマンス向上や生産性のアップ」かと思います。しかし、仕事におけるパフォーマンスは定量・数値化することが難しいのが現状です。今回は、アスリートへの心理的サポート法とマインドフルネスの実践の効果の違いや競技成績の影響などについての文献をご紹介します。

瞑想の効果

利他性と脳 – 幸福度を高める慈悲の瞑想 –

犯罪心理学などの観点から、利己的・自己中心的な人についての研究は進んでいますが、利他について研究がはじまったのはここ20年ほどのこと。慈悲の瞑想で養われる利他的・利他性とは何か?先天的に決まった性質なのか?利他的であるメリットとは?などを含め、脳への影響の観点からお話ししていきます。

瞑想の効果

慈愛・慈悲の瞑想の脳への影響とは?<前編> 瞑想の種類による違い

慈悲の瞑想では仏教の祈りのようなフレーズを繰り返し唱え、セルフコンパッションが高まる、などの効果が統計学的にも証明されていると前回お話ししました。それでは脳へはどんな効果があるのでしょうか?前編では他の瞑想法との違いや、共感と思いやりの脳への影響の違いについてご紹介していきます。

パフォーマンス向上

脳神経科学おすすめ本紹介|ブレインドリブン – パフォーマンスが高まる脳の状態とは –

今回はアメリカUCLAで神経科学を学び、予約の取れない人気セミナー講師としても有名な青砥 瑞人氏の著書をご紹介。本書は神経科学の中でもビジネスパーソンに特化した内容とされていますが、学生さんや主婦の方にもオススメです。特に3,クリエイティビティを発揮する、の内容が素晴らしかったのでご紹介していきたいとます。

2, 瞑想に関する研究紹介

アイデア発想力、創造性を高めるマインドフルネス瞑想のやり方

イノベーション・革新的・改革、クリエイティブ・創造性・創造力、などなど。 ビジネスシーンで多用されるキーワードですが、具体的にどういう状態なのか?どのようにしたら育むことができるのか?まで踏み込んだ論説は実はそう多くありません。それらを育み活用するための方法の一つにマインドフルネス瞑想が挙げられます。その方法・効果とは?