金子昭子

1998年からボディケアに携わっています。一般的なサロンでの経験、自宅開業、ヒーリングスクールのインストラクターとして多くの卒業生を送り出す中、縁あって今の師匠の下で指導を受ける事になりました。 東洋医学の陰陽五行説の考えを基に、食の大切さ、季節の過ごし方、心頭体のバランスなど・・・全体のバランスをみて施術をする事の大切さを教えていただきました。こちらでは、そんな陰陽五行の観点から 日常的に意識できることをお伝えしていきます。
健康

簡単☆五色を食事に取り入れ、季節に負けない身体作りを【陰陽五行】

陰陽五行説の影響を受けた、中国料理・韓国料理・日本料理には共通する考えがあります。

それは、木・火・土・金・水の五行に対応する青(緑)・赤・黄・白・黒の五色の食材をとることによって、健康が保てるという考えです。

この根底には、「医食同源」の考えも影響しています。古くは「薬食同源」ともいわれ、不老長寿を深く追求した末に生まれた考えです。