CATEGORY 1, 瞑想とビジネス

対処法

瞑想時の正しい姿勢で心身のバランスを整える – 瞑想のステップアップ論Q & A

適切な背骨の位置を保つことで、体内のエネルギーの流れが最適化され、呼吸も深くなります。内臓の位置も適切に保たれ、消化器官や呼吸器官が上手に機能します。一方で猫背や反り腰は、筋肉や臓器に無駄な負担をかけてしまいます。正しい背骨のラインを意識することで、心身のバランスが整い、瞑想の恩恵を存分に受けられるのです。

マインドフルネス研究所

脳科学研究で明らかになった他者と同期する脳|阿吽の呼吸でチームワークを向上

阿吽の呼吸とは、他者との共感や同期を意味する言葉です。このようなチームワークは、多様性の高い現代社会で価値創造に欠かせません。しかし、阿吽の呼吸はどのように生まれるのでしょうか?脳科学の最新研究から、その神経基盤や活用法を紹介します。

4, 健康・ウェルビーイング

【男性へのプレゼントにもオススメ】ストレス解消・癒しのマインドフルネス ギフト

ホッとくつろぎのひと時を過ごすためのウェルネス、リラックス・癒し、ストレス解消におすすめのマインドフルネス・ギフトを集めました。自分へのご褒美にも、大切な人や男性へのプレゼントにも喜ばれる、ストレス解消グッズ、心身の疲れをインテリア小物やフレグランスをご紹介。

マインドフルネス研究所

「心を読む脳」ミラーニューロンでわかる他者理解の不思議

ミラーニューロンは他者の行動を観察するだけで、自分がその行動をしているかのように活性化する脳内ニューロン。このシステムにより、他者の考えや感情を読み取り、共感できるようになります。ミラーニューロンを わかりやすく解説し、対人関係を脳の仕組みから理解できる記事です。

マインドフルネス研究所

観照・メタ認知で気づき力 自己認識力を高め、他者との関係性を豊かにする

観照とは自分の思考や感情を客観的に観察する能力であり、認知心理学ではメタ認知と呼ばれます。この記事では、観照と観察の違いやビジネスマンに必要なメタ認知について解説します。また、マインドフルネスで高めるメタ認知と自己認識力が、広い視野や柔軟性を持ち、成熟したリーダーになるためにどう役立つかも紹介します。