CATEGORY 脳科学・神経科学

瞑想の効果

慈悲・慈愛の瞑想の脳への影響とは<後編>利他性と脳

犯罪心理学などの観点から、利己的・自己中心的な人についての研究は進んでいますが、利他について研究がはじまったのはここ20年ほどのこと。慈悲の瞑想で養われる利他的・利他性とは何か?先天的に決まった性質なのか?利他的であるメリットとは?などを含め、脳への影響の観点からお話ししていきます。

瞑想の効果

慈愛・慈悲の瞑想の脳への影響とは?<前編> 瞑想の種類による違い

慈悲の瞑想では仏教の祈りのようなフレーズを繰り返し唱え、セルフコンパッションが高まる、などの効果が統計学的にも証明されていると前回お話ししました。それでは脳へはどんな効果があるのでしょうか?前編では他の瞑想法との違いや、共感と思いやりの脳への影響の違いについてご紹介していきます。

パフォーマンス向上

脳神経科学おすすめ本紹介|ブレインドリブン – パフォーマンスが高まる脳の状態とは –

今回はアメリカUCLAで神経科学を学び、予約の取れない人気セミナー講師としても有名な青砥 瑞人氏の著書をご紹介。本書は神経科学の中でもビジネスパーソンに特化した内容とされていますが、学生さんや主婦の方にもオススメです。特に3,クリエイティビティを発揮する、の内容が素晴らしかったのでご紹介していきたいとます。

本の紹介

マインドフルネスおすすめ本紹介|『脳疲労が消える 最高の休息法』久賀谷 亮 著

マインドフルネスとは何か知りたい人やマインドフルネスに興味を持ったけれどもどの本を読んだらいいですか?と言う人にお勧めしている本です。アメリカのイェール大学で精神医学のドクターを取られた久賀谷 亮先生の著書で、実践と脳科学的な解説のバランスがとても良いです。