【職場の心理学レクチャー】『苦手な人との付き合い方』を克服するための考え方と瞑想|松村憲が客観的になれる方法を教えます

小島美佳:今回は松村憲さんと一緒に、職場における苦手な人とのお付き合いや、その人と自分をマインドフルに客観的に見ること。またこのテーマで新しい洞察を得よう、といったお話をしてみたいと思います。

(こちらの記事は、公式YouTubeで公開した『職場の心理学レクチャー』を文字起こししたものです。公式YouTubeにて無料で動画も視聴することができます)

この時期多く聞かれるビジネスマンのお悩み『人間関係』

小島美佳:最近、私自身が4月からいろんな方のコーチングを始めています。相手は職場でビジネスに関係している方が多いんですけれども、「4月から新しい組織になり、上司が変わったり職場のメンバーが変わりました」というのをお聞きします。
 4月から2ヶ月ぐらい経って、例えば上司の話ですと 慣れ親しんでいた以前の上司とのやり方が全然違う。以前は柔らかい感じの人だったのが、今回は上の人が厳しめで、自分のやっている仕事をかなり細かくチェックするタイプの人だったりして… 「ちょっと怖いなぁ」と感じる。または 自分が思っていることをあんまり言えない雰囲気になってしまっていつも思ってもいないのに「はいはい」って言っちゃってますとか。そういった話とか聞くことが多いです。

 そこで例えば

  • こういう上司の人とどんなふうに付き合っていったらいいのか?とか、
  • どういう視点でその状況を見たらいいのか?

といったところでアドバイスを頂けたらと思います。

松村憲:なるほど、すごい、あるあるな感じもしますし、でもやっぱり慣れ親しんだ関わりを持っていた上司と変わってしまう事は、組織に属してたら誰しもあり得るじゃないですか。なのでやっぱり、それはそれで宿命というか…まずは「仕方がない」っていうのがあると思っています。

 後は「どう関係を作るか?」という事ですが、そう考えていったときに多分自分の中でも「こうあって欲しい」とか「上司たるものはこうあるべき」といった、自分の心の中の思いもあるかもしれません。それが ”私” の視点になるんですけど、「そうあるべきだよね」と相手も巻き込もうとしているので、このモデルがケン・ウィルバーのインテグラル理論だと、

私の部分が ” I・自分 “、
私と上司の関係っていうのは ”we・私たち ” という関わり

になるんですね。

インテグラル理論で語られる ” I ” と ” we ” のモデル


 そして、それが自分の方からも特定の ”we” っていう「こうありたい」みたいな思いがあって、逆にこれは結構忘れがちなんですけれども、皆さんの上司の側も自分と全く同じように ” I ” を持っていて、彼らが期待する ” we ” もあります。これがずれていくと「結構しんどいなぁ」みたいなことがいろんなところで起こってくると思っています。 ほんとにまぁ大変な事もありますし、それこそ理不尽さやコンプライアンスに抵触するようなものだったら相手が悪いんですけれども、そうでなければ、まぁそもそもこの違いがあるのでそれを「どうやって理解していくのか?」っていうことがすごく重要だと思います。

相手の世界にも ” I ” と ” we ” がある

小島美佳:はい、非常にそう思います。なんとなく相手の世界の ” we ” があるということを忘れていることが多々あると思うので、「それを知ってびっくり!」ということが結構あるんじゃないかなと思います。

松村憲:ありますよね、僕もしょっちゅう忘れているかもしれません(苦笑)。そういう視点に立てない脳の仕組みになっているんでしょうね、私中心でできているので。

小島美佳:そうですね、今のお話を聞くと、その上司の人の”I”とそれからその上司の人の”we”がどんなものなのか?というところを知りたくなるというか、ちょっと怖いけれども知ることが大事と思う方が多いと思うんですけれども。
 それを助けてくれる手法というか技術があるとお聞きしているので、その辺をご紹介いただけたらいいかなと思います。

人間関係を改善するための具体的な方法・手法とは?

松村憲:はい。それはケン・ウィルバーが提唱するインテグラル理論というものがあるんですけど、ここではその内容について細かく解説はしませんが、結局その中で何を言っているかというと『人は発達するんだ』ということなんです。

ケン・ウィルバーの著書
『インテグラル理論を体感する』


 なので自分の視点で上司を見て ” we ” を見ていて、それで苦しんでいるんだとしたら、“今までの自分 ” がもう少し緩むことができると、新しいステージへの発達成長というものが自然に起こってくる、ということがわかっているというか、そのインテグラル理論の中で言われているんです。
 そのような発達成長を起こしていくために必要になるのは、リーダーシップ開発やビジネス上の能力開発でも良く言われますけど、「客観的になる」ということです。

客観的になるとなにが起きるのか?

松村憲:だから ” I・自分 “ も自分から見た ” we・私たち “ も、さらに相手から見る ” we ” も見られるようになってくると、いろんな感情反応とか思いとかも出てくるかもしれないですけど、とりあえず「みる」ということ。これは「インテグラル・マインドフルネス」と言われるものなんですけれども。判断することじゃなくて「見る」ことができるようになると、自分というものを形作っている仏教などの視点で言うと『執着』なんですけど、” 私 ” というアイデンティティーのしがみつきが緩んできます。そして新しい視点が出てきたり考え方が変わりやすくなったり、「あれ?もしかしたら上司もこうなんじゃないかとか」「むしろこちらからアプローチしたらいいんじゃないか?」とか皆さんの中から新しい視点が出て来やすくなります。それを瞑想でやっていくことができます。

 具体的には、いわゆるマインドフルネスの集中の瞑想をして、客観的に自分を見て、あるいは他人を見て、といった瞑想をして慣れていくと、視座が段々と上がってくると思いますし、実際、本当にそういうことが起こってくると実感しています。

小島美佳:なるほど、よくわかりました。
 それではこれから動画でご紹介する瞑想プラクティスの中で私たちが目指すのは、”I・自分 “ にフォーカスしすぎた感覚とかエネルギーをちょっと緩ませて、よりいろんな視点に立って、あるいは客観的に見られるようなエクサイズサイズをやるという理解でいいですかね?

松村憲:はい。

小島美佳:それでは早速やってみたいと思います。松村さんのガイドにしたがって気になる方をイメージしながら瞑想をしていただければと思います。

■ 客観視と視点獲得のための瞑想動画(約10分間)

Source : マインドフル瞑想チャンネル

マインドフルネス おすすめ情報

ABOUTこの記事をかいた人

大阪大学大学院博士前期課程修了。認定プロセスワーカー。臨床心理士。 瞑想経験20年以上。 マインドフルネス瞑想の土台でもある、10日間のヴィパッサナー瞑想リトリート(※)に15回以上参加。タイ、インドにて長期トリートで修行を積む。  深層心理学のユング心理学にルーツを持つプロセスワークの専門家。身体性やマインドフルネスを早くより研究、実践し、個人の心理のみならず、関係性やグループ、組織を対象に仕事をしている。ビジネスシーンにおいては、プロセスワークのコーチングや、組織開発やコンサルティングに従事。企業におけるマインドフルネス研修や、大手フィットネスクラブのマインドフルネス・プログラム開発や指導者養成も行う。著書に『日本一わかりやすいマインドフルネス瞑想"今この瞬間"に心と身体をつなぐ』BABジャパン2015、共訳書にアーノルド・ミンデル著『プロセスマインド』春秋社2013、ジュリー・ダイアモンド著『プロセスワーク入門』などがある。

(株)BLUE JIGEN 代表取締
バランスト・グロース・コンサルティング(株)取締役
(一社)日本プロセスワークセンター ファカルティ
日本トランスパーソナル学会 常任理事

(※) 10日間 話さずに座り続けるもの